top of page

岡本太郎《躍動“The Life Impulse”》巨匠のスポーツに込めた想いが垣間見えるパブリックアート




万博記念公園のシンボル《太陽の塔》で広く知られる芸術家、岡本太郎。彼は生涯にわたり数多くのパブリックアートを手掛けてきました。作品は日本各地に設置されており、西日本エリアでも多くの作品を鑑賞できます。


兵庫県姫路市にある姫路市立総合スポーツ会館前では、岡本太郎が1981年に制作した彫塑作品《躍動“The Life Impulse”》が設置されています。姫路市立総合スポーツ会館ではスポーツ関連のイベントが多数開催されており、老若男女問わずスポーツに親しめる施設です。


《躍動“The Life Impulse”》は、大空に向かってそびえる白いシンメトリーの造詣が印象的な作品。台座には、コバルトブルーのモザイクタイルが敷き詰められています。作品の銘板には、次のような言葉が記されています。


「天に向って伸びあがり、大地から身をおどらせる、自由感、生きるよろこびを象徴してあります。スポーツのよろこびは勝ち負けではなく、無条件に心身を躍動させ、天と地の間にいのちを開ききることです。」






野球やゴルフ、スキーなど、自身もスポーツに興じた岡本太郎の考えが垣間見えます。岡本太郎は、東京の国立代々木競技場に展示される《手》《競う》《眼》《走る》《足》など、スポーツに関係する作品を数多く制作しています。2023年には、川崎市岡本太郎美術館において展覧会「岡本太郎とスポーツ」が開催されました。


《躍動“The Life Impulse”》のある兵庫には、ほかにも姫路市に《若い泉》や文学碑《言葉のいのちは愛である》など、岡本太郎が手がけた作品が設置されています。兵庫を訪れたら、ぜひプランに含めてみてはいかがでしょうか。






住所

兵庫県姫路市中地453

電話番号

079-293-1321(姫路市総合スポーツ会館)

最寄駅からのアクセス

・山陽電車「手柄」駅下車、手柄山中央公園方面(西へ)徒歩約15分~20分

・JR「姫路」駅下車、北口バス「2」のりばから系統番号27・28に乗車約15分、「中地」バス停下車すぐ

・JR「姫路」駅下車、タクシー利用約10分

留意事項

姫路市総合スポーツ会館前広場に設置、無料駐車場あり

公式Webサイト



Comments


bottom of page